そもそも機内交換機(PBX)とは?

これまでの会社電話

設定された情報に従い、各内線電話番号に転送

これまでの会社電話システムは、社内に機内交換機(PBX・主装置と呼ばれることも)を設置する必要がありました。
外線はまずこのPBXにつながります。PBXは設定された情報に従い、各内線電話番号に転送します。転送された電話機が着信することで、外線先と通話することができます。
このPBXと電話機は電話線で繋げる必要があります。

  • 電話機が多いほど繋げる電話線は増え、規模によっては大がかりな工事が必要になります。

  • 電話線を繋げられない社用スマホは、内線化することはできません。

  • 通信振分けなどの設定は、業者に頼んでPBXの設定を変更してもらう必要があります。

機内交換機(PBX)とクラウド型ビジネスフォンの違いとは?

クラウド型ビジネスフォン クラウド型ビジネスフォン

クラウド型ビジネスフォンは、このPBXをクラウド化!大きな違いは、電話線がインターネット回線で代替された点です。
従来のように電話線を張り巡らせる必要はなく、インターネットに接続できるデバイス、スマホやパソコンでも会社電話で発着信できます。
工事いらずのロケーションフリーなので、別拠点はもちろん、海外支店の電話機や在宅ワーカーのスマホも内線化できます。
着信ルールや代表組などの設定も、WEB管理画面から自社で簡単に設定できます。

クラウド型ビジネスフォンが 従来型より劣る部分はほとんどありません。
ビジネスフォンの導入や、
乗り換えを考えているなら、
この機会にクラウド化することを
ぜひご検討ください。

中でもGoodLineが選ばれる理由

  • 1年分の録音機能など多彩な機能を標準搭載

    通話内容を最大1年分録音・保存ができる録音機能、全てのデバイスから閲覧・使用できるクラウド電話帳機能など、充実の機能で業務を効率化できます。

  • 分析機能で業務を見える化

    稼働状況のモニタリングや、自動通話分析で重要な窓口である電話の時間・曜日ごとの受発信状況を分析したり、業務を「見える化」することで情報共有や課題発見が可能です。

  • 出先や別拠点ともリアルタイムに情報共有

    モニタリング機能で外出中の社員や別拠点の通話状況や稼働状況もリアルタイムに把握、同じ社内にいるかのように通話取り次ぎなどが可能です。
    また通話メモ機能で通話履歴にメモを残してメール通知ができ、伝達の必要もありません。

  • 使用できるアプリや電話機は限定されません

    クラウド型ビジネスフォンにありがちな「専用アプリでないと使えない」ことはありませんので端末との相性やOSのアップデート後の不具合を防げます。

  • WEB管理画面ですべて管理可能

    従来のビジネスフォンのように、着信振り分けや留守電アナウンスの設定に、業者を呼ぶ必要はありません。WEBの管理画面で、簡単・自分の手で自由に設定ができます。

誰でも直感的に操作できるわかりやすいデザイン

  • パソコンUI
  • スマートフォンのUI

業務用システムにありがちな、わかりにくく機能を使いきれないという問題点をユーザーの声を反映し改善しております。

どんな業態にもフィットする機能とプラン

どんな業務・業態にもぴったりの機能・プランをご用意しております。

  • 小規模向け

    GoodLine SOHO

    2端末までのご利用が可能な、内線数が少ない事業向けのお得なプランです。

    GoodLine SOHO
    特設サイト

  • 法人向け

    GoodLine ビジネス

    内線を3つ以上設定できるスタンダートプラン。通話料金プランも複数から選べます。

    GoodLine ビジネス
    特設サイト

  • コールセンター向け

    GoodCall

    大規模コールセンターはもちろん、社内で問い合わせ窓口を作りたい時にもぴったりのプランです。

    GoodCall
    特設サイト